インデックス投資で迷う投資信託とETF(上場投資信託)の違いとは?(資産運用編 第2段)

スポンサーリンク
ETF 資産運用&副業

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

インデックス投資を始めようと思い立った時、最初に迷ってしまう場面があります。

 

それは投資信託のファンドととETF(上場投資信託)のファンドの2つがあり

どちらがどのように違うのかわからない事です。

 

そんな方達に必見。わかりやすく2者を比較しながら解説します。

 

スポンサーリンク

投資信託とETF(上場投資信託)の違いとは?

 

『インデックスファンド』を選ぶ場合、
投資信託
ETF(上場投資信託)

の2種類から選びます。

投資信託とは?

 

投資信託とは
複数の出資者から集めたお金をプロのファンドマネージャーが運用し得られた利益を出資者に還元する金融商品のこと

 

一人で個別株を購入するのではないので一人当たりの出資額は小額からでも可能となっています。

 

投資信託

 

ETF(上場投資信託とは?)

 

ETF(上場投資信託)とは
投資信託のうち、上場(証券市場で自由に取引が可能)となっているものをETF(上場投資信託)といいます。

上場していない投資信託とETF(上場投資信託)では
何がどのように変わってくるの?

 

 

図で示すと以下の違いがあります。1つずつ解説していきましょう。

 

 

比較

 

 

上場・非上場の違い

 

先ほども解説した通り、上場とは証券市場で取引が行なわれていることを指します。

 

簡単に言うと、

株が売り買いされている流通市場に会社の詰め合わせパックとして陳列されている状態と思ってください。

 

非上場の場合は、市場に陳列されておらず個人商店(証券会社・郵便局・銀行など)で会社の詰め合わせパックが売られている状態です。

 

 

購入価格の違い

 

投資信託は1日1回算出される基準価格をもとに値段が決まります。

 

投資信託が保有している株や債券(会社の詰め合わせパック)の時価総額に
利息や配当金をプラスして運用コストを差し引くことで導き出されます。

 

ETFの場合、皆さんの考える株と同じようにリアルタイムで価格変動が起きており
好きなタイミングで購入することができます。

 

 

イメージは下図です。

このETFの場合、1日のうち、おおよそ157.3円~158.76円の間で値動きがあったという事になります。

ETFの場合はこのリアルタイムの値動きを見ながら購入のタイミングを計ることができます。

 

 

チャート

 

購入方法の違い

 

例えば、一口100円のファンドがあったとすると

 

投資信託の場合:個人(証券口座)➡販売会社(証券会社・銀行・郵便局)➡ファンド

販売会社に申し込みを行ない

口数注文(100円の商品を10口くれ!)か金額指定(1000円で買えるだけ口数をくれ!)で購入します。

 

 

ETFの場合:個人(証券口座)➡証券市場のファンド

 

リアルタイムで値動きがあるので

 

指値注文(100円以上or100円以下になったら買うよ!など値段設定は自由)か

成行注文(取り合えず買えるタイミングがあったら買うよ!)で購入します。

 

現在ではネット証券を開設することでパソコンやスマホの画面からボタン一つで

どちらも注文可能となっています。

 

 

初心者におすすめな証券会社

 

【公式SBIネオモバイル証券】

 

【松井証券なら運営管理手数料0円】

 

 

 

 

おすすめの証券会社の記事はこちらを参照(‘ω’)ノ

 

おすすめの証券会社や口座を解説(資産運用編 第6弾)
投資初心者におすすめのネット証券口座を解説します。まだ資産運用を開始していないセラピストや医療従事者は無料なので開設だけでもやって損なしです。

 

コストによる違い

 

購入時手数料

 

投資信託の場合:購入時に手数料を取られます

 

2~3%の法外な手数料を取られるファンド(会社の詰め合わせパック商品)もあるので注意しましょう。
最近では、ノーロード(販売手数料無料)のものが増えてきました。

 

ETFの場合:購入額に応じて証券会社が決めた売買手数料を支払います

 

現在、証券会社では購入時手数料の価格引き下げ競争が起きており、どこの証券会社も

ほぼ横並びとなっています。

 

手数料

 

信託報酬

 

信託報酬とは自分の代わりに資産を運用してくれたことに対する手間賃を指します。

 

投資信託の場合

一般的にETFと比べ販売会社を通じているため信託報酬(運用の手間賃)が高くなります。

 

ETFの場合

直接市場に並んでいる会社のファンド(詰め合わせパック)を購入しているので信託報酬(手間賃)が安くなります。

 

しかし、最近では信託報酬の価格値下げ競争も起き、

投資信託とETFの信託報酬の差は少なくなってきています。(商品による)

 

売買手数料

 

投資信託の場合

解約時に所定の料率をかけた金額を負担させる信託報酬留保額があります。
簡単に言うと解約代金と考えてください。

 

ETFの場合

購入時と同様に売却額に応じて証券会社が決めた売買手数料を支払います。(上記図参照)

 

分配金・配当金の違い

 

投資信託やETFはファンド(商品)によって決まった時期に、分配金(配当金)が受け取れます。

 

投資信託の場合、自動で分配金を再投資するor受け取るかを選べます。

 

ETFの場合は、現金で受け取るしかできません。

そのため、分配金を再投資するのであれば自分で再度買い付けを行なう必要があります。

 

まとめ

投資信託とETFの違いを詳しく解説しました。

ETFと投資信託では、どちらが優れてどちらが劣っているという訳ではありません。

 

投資信託でも不良なファンドもありますし、ETFでも見られます。

 

どのような目的とスタンスで資産運用を考えるかで選択する、場合によっては両方を組み合わせてもいいかもしれません。

 

次回は優良ファンドの見分け方を紹介したいと思います(‘ω’)ノ

 

忙しい医療従事者必見!優良なインデックスファンドの見つけ方(資産運用 第3段)
インデックス投資をいざ始めるぞ!でも投資信託やETFのどこをみれば優良ファンドが見つかるの? というお悩みを解決します。これを読めばあなたも今日から優良ファンドを見つけられる側の仲間入りです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました