医療従事者の給与水準の特徴を解説【給与水準】=【業種】×【勤続年数】

スポンサーリンク
給与水準 転職&スキルアップ

 

医療従事者の給与は医師以外高いとは言えません。

 

日本では様々な業種がありますが

 

業種ごとに世代や勤続年数ごとの給与水準を見ていくと、実は給与水準に大きな差があります。

 

本日は、医療以外の業種と医療従事者の給与水準を比較し、

医療従事者の給与水準の特徴を解説します。

スポンサーリンク

医療従事者の給与水準の特徴とは?

業種

まずは結論

 

・高収入な業種(電気・ガス・熱・水道業)は決まっている
・医療従事者の場合、10年目あたりから収入が増える傾向がある
・転職時は業種別の給与水準も考慮して行なうべき

 

 

給与水準を他業種と比較

 

勤続年数による給与の増減は業種によってかなり違います。

業種を14に分けて業種別の平均給与と勤続年数による平均給与のグラフです。

 

 

給与所得者の年間平均給与(業種別・勤続年数別)(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)
 給与所得者の年間平均給与(業種別・勤続年数別)(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)

 

 

勤続年数別に平均給与の高い業種をみると、「金融業・保険業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「情報通信業」の3業種が比較的高くなっています。

 

全年齢の業種別平均給与では、
1位:「電気・ガス・熱供給・水道業」が759万円
2位「金融業・保険業」が631万3000円
3位「情報通信業」が622万4000円

 

となっています。

 

逆に最も給与が低いのは
1位「宿泊業・飲食サービス業」で250万6000円
2位「農林水産業・鉱業」の311万6000円

となっています。

 

医療・福祉は丁度中間の順位です。

 

平均給与を業種別にみると250万円から759万円まで500万円以上の大きな差があり、

特に勤続30年以上に限ると差は600万円以上にもなります。

 

 

平均給与は勤続年数30年強でピークを迎える

 

勤続年数と平均給与の関係を確認するために、勤続年数別の平均給与のグラフです。給与所得者の勤続年数別年間平均給与(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)給与所得者の勤続年数別年間平均給与(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)日本企業は年功序列制を採用しているため、平均で見れば給与は勤続年数に比例して増えていきます。 
 ・勤続1~4年の給与は321万5000円 ・勤続30~34年になると681万4000円まで増加 ・勤続35年以降は586万円へ100万円近くも下がる
大卒なら60歳を前に減少し始めるということです。
業種を14に分けて勤続年数別の給与額を確認してみると、医療・福祉業は勤続30~34年にピークを迎え、以降は徐々に給与額は低下します。

 

 

しかし日本では年功序列制の崩壊が始まっています。詳しくはこちらから(‘ω’)ノ

 

医療従事者の年功序列制についての記事

平均給与は50~54歳でピークを迎える

 

勤続年数に続いて、世代別の給与の違いをグラフに表します。

 

給与所得者の年齢階層別年間平均給与(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)給与所得者の年齢階層別年間平均給与(資料:国税庁民間給与実態統計(2018年)※1年を通じて勤務した給与所得者の値)

 

20~24歳の平均給与は267万円から50~54歳では528万5000円まで増えます。
55歳以降は減少に転じ、60~64歳では416万円、
65歳~69歳では325万6000円と急激に減少します。

 

50歳を過ぎたら給与が減る覚悟をしておくべきなのでしょう。

 

転職は業種も考慮して勤務先を考えること

世代別給与も業種別にグラフにしてみました。

 

給与所得者の年間平均給与(業種別・年齢階層別)給与所得者の年間平均給与(業種別・年齢階層別)

 

多くの業種では給与のピークを50~54歳または55~59歳で迎えますが、
宿泊業・飲食サービス業の給与は40~44歳の307万3000円がピークです。

さらに7業種では20~24歳で既にこの額を上回っています

 

どの業種で働くかによって、どれだけ一生懸命働いても埋められない大きな差があることは事実です。

医療従事者は国家資格があるため同じ職種で働く方がほとんどです。

しかし、国家資格を活かし他業種・業界へ転職する道もあります。詳しくはこちら(‘ω’)ノ

 

理学療法士が病院・施設以外で活躍できる働き方とは?
理学療法士は病院や施設などの保険領域で働く方が多いです。しかし、それ以外で活躍できる働き方を知っていますか? この記事では、医療・介護分野以外で理学療法士の資格が活かせる働き方を紹介します。

 

 

転職の際は職業の選択の自由だけでなく、給与面からも仕事を選べるのが理想的です。それに必要な能力は予め備えておきましょう。
現在の各業種の傾向などは転職エージェントを利用した方が簡単です。
PTOTキャリアナビに相談
マイナビコメディカル
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました