楽天モバイルの新プランを徹底解説【乗り換えるのはアリか?】

スポンサーリンク
資産運用&副業

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

2021年1月29日に楽天モバイルの新料金プランが発表されました。

 

どこがどのようにお得になったのか?またどんな人におすすめなのか?を解説します。

 

今回は、長い記事になりますが、最後まで読んで家計を圧迫する通信費を見直しましょう。

 

 

スポンサーリンク

楽天モバイルの新プランを徹底解説【乗り換えるのはアリか?】

 

 

従来の楽天モバイルのプラン

 

 

 

 

従来のプランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」のみの、シンプルなプラン構成でした。(現在はⅥにバージョンアップ)

 

 

旧プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」では”楽天独自回線“の通信を利用します。

 

ただし、使用できる「楽天回線エリア」はまだ限られていました。

 

楽天回線エリアが使えない地域では、パートナーエリア(au回線)での提供となります。

 

 

・楽天回線エリア:データ通信量を消費しない無制限エリア
・パートナーエリア:au回線でデータ量月5Gまで。それ以上は通信速度が最大1Mbpsに低下

 

 

旧プランの「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」では5G回線も追加料金なしで使用できますが、

 

 

実際に5G回線は東京以外では使える場所がほとんどありません。

 

5G回線が使用可能な地域

 

 

 

Rakuten Linkアプリで「国内電話がかけ放題」で行なえます。

 

 

 

 

Rakuten Linkとは、音声通話やSMSなどが利用できるアプリです。

 

  • 国内通話、国際通話
  • 国内SMS、国際SMS
  • メッセージ、グループチャット
  • 連絡先の登録・管理

 

※チャットはRakuten Link同士の場合のみ

 

他のスマホや固定電話へも”かけ放題”となっています

 

「Rakuten Link」は、どれだけ使ってもデータ通信量も消費しません。

 

 

これらが1年間無料で、それ以降は2,980円で利用可能だったのが旧プランの「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」です。

 

 

 

新料金プラン【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ】の概要

 

 

 

 

新料金プランは月額使用料金のみ変更されています。ポイントは以下です。

 

 

・1Gまでなら月額無料(0円)
・1G~3Gまでは月額980円
・3G~20Gまでは月額1,980円
・20G以降は2,980円で無制限
★注意★
新プランでは、全ての回線エリアでデータ通信量がカウントされます。

 

使用するデータ通信量によって利用料金を引き上げる手法は、大手3キャリアと比較してもかなりお得です。

 

 

 

 

 

 

 

楽天モバイルのデメリットと対策

 

 

楽天モバイルの旧プランではデメリットがいくつか挙げられていました

 

しかし、楽天はすごいスピードで改善を行ないカバーしています。

 

 

楽天モバイルのデメリット

 

➀楽天回線の対応エリアが限られている
➁iPhone(iOS)は非対応機種(世代)がある
➂今までの電話番号による電話は使えない

 

 

➀楽天回線の対応エリアが限られている

 

 

旧プラン実施時はまだまだ電波を受信する基地局が少なく、楽天回線対応のエリアが限られていました。

そのため、パートナーエリアであるau回線に切り替わり5Gまでしかスムーズに通信が行なえないパターンが多かったのです。

 

しかし、楽天は2020年から現在まで基地局を増築する目標を掲げ、猛スピードで楽天回線エリアが拡大しています。

 

 

 

 

 

楽天回線エリアを確認する

 

 

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡などの5大都市部を始め、都道府県の都心部はかなりの範囲が楽天回線エリア対応になってきました。

 

 

 

 

また、自宅が楽天回線エリアでない場合は「Rakuten Casa」を申込み、無料で自宅に設置することができます。

 

 

 

 

「Rakuten Casa」とは?

インターネット回線に「Rakuten Casa」を接続することで、屋内に楽天回線を構築することができます。
これにより、電波環境の悪い屋内や楽天回線エリア外でも、楽天回線をご利用いただけます。
もちろん、データ通信量無制限!

 

 

申込み条件は以下です。

 

 

 

② iPhone(iOS)は非対応機種(世代)がある

 

 

楽天モバイルのサービスが始まった当初は、androidのみの対応でした。

 

現在はiPhone8・SE以降の機種であれば、楽天モバイルに対応しています。

 

 

動作対象のiPhoneを調べる(iPhone8以降・SE)

 

 

また、iPhoneをわざわざ購入しなくても、楽天モバイルから販売されているスマホを実質0円で購入することができます。

 

 

新プランの【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ】とスマホを同時に購入すると、機種代金以上の楽天ポイントが還元されるため実質0円となります。

 

 

 

➂今までの電話番号による電話は使えない

 

 

他社のスマホで使用していた電話番号は楽天モバイルにも引き継ぎ可能です。

 

MNPを利用しましょう。

 

MNPとは他社に移行する際に同じ電話番号を使い続けるための有料サービスです。

 

  • MNPの手続きはオンラインで簡単にできる
  • MNPはMVNOサービスにも対応し、070/080/090番号の引き継ぎが可能
  • 格安スマホへのMNPで引き継げるのは電話番号だけ

 

 

 

楽天モバイルがおすすめな人とは?

 

・都市部などの楽天回線エリアに住んでいる人
・パートナーエリア(au)回線でも月5Gあれば十分な人
・楽天経済圏に移行済みの人

 

楽天回線エリアに住む人はWi-Fi環境を設定することでほぼ0円~980円に抑えることができます。

 

 

また、楽天回線エリアでない方も屋外でYouTubeや地図アプリやSNSなどで動画再生を頻繁に使用しなければ、1980円で各キャリア最安値です。

 

 

 

楽天経済圏に移行済みの方は貯まったSPUポイントで楽天モバイルの使用料金を支払うことができます。

 

 

おすすめ記事

 

 

 

通信費を最安値に抑える方法の詳細は

 

次回の「楽天モバイルで家庭の通信費を0円に抑えよう」をお楽しみに!

 

 

【楽天モバイルに申し込む】

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました