生活を楽天サービスで固めてポイントで節約しよう【楽天経済圏】

スポンサーリンク
資産運用&副業

 

 

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

皆様、【楽天経済圏】という言葉を知っていますか?

 

例えば、みなさんが普段から利用している銀行、クレジットカード、スマホ、電気、美容院、書籍購入などのサービスを楽天のサービスに切り替え(楽天経済圏に移行する)して大量のポイントを獲得しようというものです。

 

今回は

・楽天経済圏とは?
・利用しやすいサービスの組合せ
・楽天経済圏の注意点

をまとめ解説してみました。

スポンサーリンク

楽天経済圏とは?

 

 

楽天

 

楽天経済圏とは『日常生活でできる限り楽天のサービスを使って楽天ポイントを貯める』ことです。

 

楽天のサービスは充実しており、使うだけで生活を完結させることもできます。

 

さらに楽天市場での買い物以外でも、サービスを利用するだけで楽天ポイントが貯まっていくのも魅力です。

年間で約10万円分の楽天ポイントを手に入れることが出来ます。
楽天経済圏への移行や楽天ポイントでの生活についてはこちらの書籍がおすすめです

・楽天ポイントがおすすめな理由

 

楽天ポイントがおすすめ理由は以下です。

 

・ポイント獲得倍率を上げることができる
・生活インフラ(電気・通信・スマホ)にも使える
・ポイントを活用できるサービスが豊富
・一度設定すれば自動化ができる

 

 

それに普段から利用しているサービスを楽天サービスに切り替えるだけなので、生活スタイルを大きく変える必要もありません。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)について

 

 

楽天ポイントを効率よく貯めるためにはSPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用します。

 

SPU対象の楽天サービスを利用することで、楽天市場利用時にもらえる楽天ポイントが、購入金額の1%~最大16%まで上がります。

楽天ポイントを貯めるのに大切なのがSPU

 

 

例えば、楽天市場で1,000円の物を購入する場合、楽天カード(SPU対象で倍率は+2倍)を利用すれ

同じ商品を購入しても、もらえる楽天ポイントが20ポイントも増えます

 

楽天サービスは現在も増え続けていますが、代表的なのは以下になります。

 

 

★注意★
対象や条件はしっかり確認しましょう。
各サービスへの申込みを行う前に、あらかじめ公式ホームページにて確認しておきましょう。

 

まず始めるべき8つの楽天サービス

①楽天銀行の開設

 

楽天銀行は非常に便利なインターネットバンクで、6つの魅力があります。

  • ・コンビニATMで24時間365日利用可能
  • ・ATM手数料0円(最大月7回まで)
  • ・他行宛振込手数料0円(最大月3回まで)
  • ・楽天ポイントが貯まる!使える!
  • ・スマホで残高照会や振込等のサービス利用可
  • ・楽天銀行ならではの好金利(驚異の0.1%)

 

 

②楽天カードを申し込む

 

 

楽天カードは支払い金額に応じて楽天ポイントを貯めることができるクレジットカードです。

カードの種類は様々ですが、必ず楽天ゴールドカードにしましょう。

 

年会費が2,200円(税込)かかりますが、年間10万円以上楽天市場でお買い物をするなら十分元が取れます。

 

日用品やコンタクトなどは積極的に楽天市場を利用しましょう

楽天経済圏へ移行するポイントとしては以下の3つです

・楽天カードを使い楽天で買物をする:+2倍

・楽天ゴールドカードを使う:+2倍

・楽天銀行を引き落とし口座に指定する:+2倍

 

 

③楽天でんきを利用する

 

 

楽天でんき(楽天エナジー)に電気の契約を切り替えるだけで楽天ポイントを貯める、利用することができます。

基本料金が0円のため、電気料金が安くなる可能性があるだけでなく、他にも4つの魅力があります。

  • 電気料金200円ごとに1ポイント貯まる
  • 楽天カードで支払えば100円ごとに1ポイント貯まる
  • 電気料金の支払いに楽天ポイントが使える
  • 切り替えは無料で、Webで簡単にできる
工事や現電気会社での解約の連絡、書類などの記入全て不要でwebサイトから簡単に切り替え可能です。

楽天経済圏への移行ポイント

楽天でんきを契約&利用:+0.5倍

 

 

④楽天モバイルに乗り換える

 

 

楽天モバイルは料金が安いだけでなく、その他のサービスも魅力的でおすすめの格安SIMです。

 

毎月の支払いを楽天カードで支払うことでポイントを貯められるだけでなく、楽天ポイントで支払いできることも魅力です。

 

「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」は月2980円ですが契約から1年間は無料です。
さらに、今まで非対応であったiPhoneも今年から対応が開始されました。

楽天経済圏への移行ポイント

楽天モバイルを契約&利用:+1倍

 

 

【楽天モバイルの利用はこちらから】

 

⑤楽天証券で積立投資始める

 

 

楽天証券で投資信託を購入しましょう。また、積立NISAの購入もSPU対象になります。

 

楽天証券の特徴は、SPU(ポイント)で投資信託を購入できることです。

楽天経済圏への移行ポイント

月1回500円以上のポイント投信(投資信託):+1倍
※楽天スーパーポイントコースへの設定が必要。詳細な手順は楽天証券のQ&A

 

 

⑥楽天ブックス・楽天Koboを利用する

 

 

楽天ブックスでは本、雑誌だけでなくDVDやゲームも購入できます。
また、楽天Koboでは電子書籍を販売しています。

購入予定の書籍などがあれば楽天ブックス、楽天Koboで購入してみましょう。

楽天経済圏への移行ポイント

 

・楽天ブックスで月1回1注文1000円以上買い物する:+1倍
・楽天Koboで電子書籍を月1回1注文1000円以上買い物する:+1倍

 

 

⑦楽天ビューティーを利用する

 

 

楽天ビューティーでは美容院・美容室の検索と予約ができます。

 

独自のクーポンだけでなく、ポイント還元キャンペーンなども多く行われています。

 

利用することで楽天ポイントを貯められるだけでなく、予約時に楽天ポイントを利用することもできます。

掲載店舗の数も多いので、次回利用するとき楽天ビューティーで探してみましょう
女性に限らず、男性でも利用できる店舗がかなり多いので便利です。

楽天経済圏への移行ポイント

 

楽天ビューティーで1回3,000円(税込)以上のネット予約・施術完了:+1倍

 

 

⑧セール時に買い物をする

 

 

楽天市場では定期・不定期でいろいろなキャンペーン・セールを行っています。例えば、

  • 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日:最大+3倍
  • お買い物マラソン、楽天スーパーSALE:最大+28倍
  • 5の倍数の日に楽天カード決済で:+2倍

 

楽天ポイントUPカレンダーでどの日がお得か確認しましょう。

楽天経済圏への移行時の注意点

 

➀不必要なサービスは使わない

 

SPU対象のサービスには他にもいろいろあります。例えば

  • Rakuten Fashion(旧楽天ブランドアベニュー):+0.5倍
  • 楽天TV・NBA Rakuten:+1倍

 

全部のサービスを利用して最大16倍を目指しがちですが、

必要のないサービスまで取り組むことになると、無駄な支出ともなり本末転倒です。

 

まずは自分が利用しているサービスから見直すことが大切です。

 

➁SPUポイントの期限に注意

 

楽天経済圏に移行して手に入ったSPUポイントはどんどん使っていきましょう。

 

SPUポイントの有効期限は45日間で、通常の楽天ポイントの有効期限(1年間)と比べるとかなり短いです。

 

 

毎月支払いのある楽天モバイル・楽天でんきをポイント払いに変更すれば安心です。

楽天ポイントをたくさん貯めることでスマホ代を0円にしたり、電気料金を安くすることができるのも、楽天経済圏の魅力なのです。

 

ポイントはどんどん使って、そのぶん余った現金を投資に回して運用していきましょう

まとめ

 

楽天経済圏への移行は、最初こそ申込みや手続きで面倒に感じるかも知れません。
しかし、移行さえ完了してしまえば、後は生活しているだけで勝手にポイントが貯まり
それらを使いさらに買い物をすることができるのです。

これを機に楽天経済圏に移行してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました