究極のキャリアアップ!理学療法士は事務長・副院長を目指せるのか?

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

 

 

 

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

医療従事者の中には事務長補佐・事務長、副院長を兼任する方が少なからず存在します。

 

多くは医師や看護師がその役職に収まることが多いですが、理学療法士を始めとする療法士がその役職を担っている医療機関も存在します。

 

今回は、理学療法士が事務長・副院長を目指すにはどうすればいいのか?を解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

理学療法士は事務長・副院長を目指そう

 

 

 

事務長・副院長はジェネラリストの頂点

 

 

 

 

スペシャリストが専門分野に特化した知識・技術を持っているのに対し、

 

ジェネラリストは「幅広い分野・領域に見識が深く、それぞれの専門家を指揮して全体を統率できる人」です。

 

つまり、マネージャーや経営層・総務等を管理職のトップということです。

 

リハビリテーション科だけでなく、様々な部署をはじめ医療機関全体を管理します。

 

 

なぜスペシャリストではなくジェネラリストを目指さなければならないのかは以下の記事を参照。

 

 

 

 

事務長の職務内容とは?

 

 

 

 

事務長の職務内容は多岐にわたります。

 

・施設の管理・運営 ・経営計画
・職員の採用・教育・面談
・営業活動、稼働率管理、経営分析
・各種会議・委員会参加・施設内巡視
・医師・医局との折衝
・苦情対応、未収金管理、金銭管理
・行政対応・マスコミ対応etc

 

 

病院運営に必要なことは全て業務の一環であると言えます。

 

 

院長・理事長などの経営責任者に対して、的確な経営判断をしてもらうための情報収集とその提供、また下された経営判断を実行・実現するための計画立案と実行、そして進捗を管理し調整する役割を担います。

 

 

事務長に必要な能力・知識とは?

 

 

 

必要なスキルとして、情報収集と分析能力、問題解決能力、戦略策定・実行できることが該当します。

 

 

医療法上で医療機関としての医学管理及び病院組織運営の管理者であり、全般的な権限をもってリーダーシップを発揮することが期待されています。

 

 

具体的には、以下が挙げられます。

 

・経営的判断の礎となる財務データの把握・管理
・医療サービス提供のための療養担当規則
・労務等を総合的に判断する知識
・政府や市町村からの助成金や経営戦略の知識
・地方厚生局の適時調査・個別指導の対応知識
・委託業者との交渉術
・自院の保険請求業務の一連の流れを把握していること

 

 

 

病院事務長研修

 

 

 

 

事務長として必要な知識を身につけるための研修があります。

 

 

病院経営に必要な基本知識から、医療会計制度の現状、事務長として必要なコーチングとファシリテーションの基礎と応用、院内業務の再設計、経営改革計画の策定など、事務長職に必要とされる幅広い分野を網羅しています。

 

 

評価試験に合格された方を「病院管理士」として認定されることになります。

 

研修内容

 

人事:面接・採用手続き
労務:社会保険手続き、入退職手続き、スタッフの相談
経理・財務:日々の処理から決算、予算や資金管理、補助金の手続きなど
広報:院内掲示・看板の検討、webサイトの作成、SNSへの情報発信
総務:スケジュール管理、施設管理、物品管理全般

 

 

 

副院長の職務内容

 

 

 

 

副院長は連携のリーダーであり、そのためには経営者としての俯瞰力(ふかんりょく)と、常にあらゆる視点と情報を持つことを要求されます。

 

 

職務は多岐にわたり、「教育・研究、地域連携」、「経営」、「診療、労務、安全・衛生」及び「医療安全」を担当します。

 

 

病院長が不在の場合は、病院長の職務を代行する場合もあります。

 

 

 

副院長に必要な能力・知識とは?

 

 

 

 

副院長に必要なスキルは事務長に近いスキル+αが要求されます。

 

なぜなら、事務長は診療などの医業よりも病院経営や事業に目を向けなければいけない一方で、

 

副院長は事業と医業の両方を担わなければいけないからです。

 

そのため、医療従事者の視点からも病院経営を考えることを期待され、近年では看護部長兼副院長という役職を与える医療機関が増えてきました。

 

医療従事者視点の経営戦略のスキルやマネジメント力が求められています。

 

 

副院長を目指す場合、病院の形態、規模、組織成熟度を長い勤続年数の中で把握し、着実にキャリアアップすることでしか副院長になる道は開けません。

 

 

 

事務長募集の求人は多い

 

 

 

 

意外にも、事務長などの幹部候補を募集している求人は数多くあります。

 

しかし、募集要項の条件はかなり厳しく、同規模の対象医療機関における医事課管理職経験していることが必須です。

 

多くが年収600万円~1,000万円前後となります。

 

 

 

まとめ

 

 

スペシャリストだけでなく、ジェネラリストの最高峰である事務長や副院長を目指すこともキャリアアップの上では間違いではありません。

 

 

自分に何が足りていないか、必要な知識は何なのか?を考えながら自分の将来像を思い描きましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました