転職&スキルアップ

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?【PT×OT×ST】

ダブルライセンス取得は自分の可能性を広げる方法の1つですが、組み合わせは重要です。 特に、同じ傾向の強すぎる職種の国家資格(例えばPTとSTなど)を取得しても将来的なキャリアプランなどは大きく変わらない可能性があります。 リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?を解説
転職&スキルアップ

理学療法士の転職は早ければ早い方が良い理由を解説

『とりあえず3年働いてから転職しよう』そのように考える必要はありません。理学療法士の転職は早ければ早いほど良いのです。 残業時間が多い、給与が低いなどの不満は早めに解決しましょう。 今回は、理学療法士の転職は早ければ早い方が良い理由を解説します。
医療従事者【働き方】

介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略

これからの働き方では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は病院で働くよりも介護施設等で働く方が年収が高くなります。 経済政策による賃上げや処遇改善が活発に行われているためです。 今回は、介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略を解説します。
転職&スキルアップ

医療従事者は知らないBtoC➡BtoBってなに?【転職のヒント】

ビジネス用語でBtoBやBtoCを知っていますか? BtoBとは企業が企業に対してモノやサービスを提供すること、BtoCとは企業が個人に対してモノやサービスを提供することです。 この仕組みを理解しておくことで転職が有利になります。 今回は、転職のヒントとなるBtoC➡BtoBを解説します。
医療従事者【働き方】

理学療法士の残業時間の実態について【残業時間はホワイト企業並み⁉】

意外にも理学療法士を含む医療従事者の残業時間は、その他の業種・職種を含む一般企業と比較すると少ない傾向にあります。 今回は、理学療法士の残業時間の実態について解説します。
医療従事者【働き方】

FIRE達成者から学ぼう【職業選択とコストパフォーマンス】について

著書『FIRE 最強の早期リタイア術』の中から【職業選択とコストパフォーマンス】についてを紹介します。 この考え方は医療従事者にも当てはまり、転職や将来的に経済的自立を目指す人には重要なポイントです。
医療従事者【働き方】

理学療法士のリストラされない働き方【選ばれる療法士になろう】

供給過多、診療報酬減算などで将来的には理学療法士もリストラ(解雇)される時代が来るかもしれません。 今回は、リストラ候補にならないための働き方を解説します。
医療従事者【働き方】

介護福祉士の年収は理学療法士よりも高年収⁉【残酷な真実】

一昔前では、療法士よりも低賃金・重労働なイメージでしたが、現代では介護福祉士のお給料が療法士よりも高くなっているケースも存在します。 今回は、療法士よりも高年収の介護福祉士のお給料事情を解説します。
転職&スキルアップ

認定理学療法士より3学会合同呼吸療法認定士の方がおすすめな理由

資格取得のためには、時間とお金をかける必要があります。そのため飾りだけの資格を取っても意味がありません。 今回は、認定理学療法士より3学会合同呼吸療法認定士の方がおすすめな理由を解説します。
医療従事者【働き方】

令和3年介護報酬改定以降の訪問看護の将来性と生き残り方

2021年以降、訪問看護で勤めるセラピストや、転職を検討しているセラピストはどのようにすればいいのでしょうか? 今回は、令和3年介護報酬改定以降の訪問看護の将来性と生き残り方を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました