転職&スキルアップ

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

理学療法士【医療分野】と【介護分野】の給与格差は逆転していた!?

2016年の日本理学療法士協会が提出した資料によると、 理学療法士の介護分野における平均給与は419万、医療分野は474万であり年間55万円の差があることが示されていました。しかし、2022年現在は医療分野で働く理学療法士・作業療法士よりも介護分野で働く療法士の方が年収が高い現状があります。
医療従事者【働き方】

理学療法士・作業療法士は刑務所でも働ける【多様な働き方①】

刑事施設等(刑務所や少年院)で働く理学療法士・作業療法士を知っていますか? 刑事施設(刑務所など)で働く法務技官は法務省の管轄となり国家公務員となります。近年では受刑者の高齢化を受けて刑事施設の刑務作業の一環としてリハビリテーションを活用した取り組みが行われています。
医療従事者【働き方】

リハビリ専門職はまず公務員を目指した方が良い理由

理学療法士や作業療法士が高年収・好待遇を目的に転職活動を行なったとしても、結局一番良い転職先は公務員になることです。 なぜ公務員として働く理学療法士・作業療法士がおすすめなのかを解説します。
医療従事者【働き方】

医療従事者の『自己研鑽』と『労働時間』具体的な線引きについて解説

自己研鑽という名の強制的な時間外労働は未だに医療機関では多く見られます。 一部では、自己研鑽も業務の内と考える医療従事者は多く、自己研鑽と労働時間の線引きが曖昧です。 この記事では、厚生労働省が示した「労働時間」と「自己研鑽」との明確な線引きについて解説します。
転職&スキルアップ

給与(年収)が下がる転職は『ナシ』な理由を解説【医療従事者版】

転職希望者の悩むパターンである『給与がさがってしまう場合でも転職するべきなのか?』を解説します。 結論から言うと、給与(年収)が下がる転職は基本的にはナシです。 なぜ給与が下がる転職をお勧めしないのか、また、給与が下がる転職をする場合はどのような時なのかを解説します。
転職&スキルアップ

退職代行業者を利用する場合の注意点を解説【医療従事者も要注意!】

医療従事者が退職代行を使用して退職を行なうことは少なくありません。 しかし、退職代行を使用した際のトラブルも多く見られます。 退職代行を使用して退職を考えている方に業者の選び方や料金の相場、特徴など解説します。
医療従事者【働き方】

リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?【PT×OT×ST】

ダブルライセンス取得は自分の可能性を広げる方法の1つですが、組み合わせは重要です。 特に、同じ傾向の強すぎる職種の国家資格(例えばPTとSTなど)を取得しても将来的なキャリアプランなどは大きく変わらない可能性があります。 リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?を解説
転職&スキルアップ

理学療法士の転職は早ければ早い方が良い理由を解説

『とりあえず3年働いてから転職しよう』そのように考える必要はありません。理学療法士の転職は早ければ早いほど良いのです。 残業時間が多い、給与が低いなどの不満は早めに解決しましょう。 今回は、理学療法士の転職は早ければ早い方が良い理由を解説します。
医療従事者【働き方】

介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略

これからの働き方では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は病院で働くよりも介護施設等で働く方が年収が高くなります。 経済政策による賃上げや処遇改善が活発に行われているためです。 今回は、介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略を解説します。
転職&スキルアップ

医療従事者は知らないBtoC➡BtoBってなに?【転職のヒント】

ビジネス用語でBtoBやBtoCを知っていますか? BtoBとは企業が企業に対してモノやサービスを提供すること、BtoCとは企業が個人に対してモノやサービスを提供することです。 この仕組みを理解しておくことで転職が有利になります。 今回は、転職のヒントとなるBtoC➡BtoBを解説します。
スポンサーリンク
error: 不具合が生じました。
タイトルとURLをコピーしました