転職&スキルアップ

スポンサーリンク
転職&スキルアップ

療法士のキャリアプランの考え方【スキル思考とポジション思考】

専門職のキャリアプランはとりあえず資格やスキルを獲得していくスキル思考に偏っています。 しかしこれからの時代は、ポジション思考が重要となります。 今回はキャリアプランで重要となる考え方【スキル思考とポジション思考】について解説します。
転職&スキルアップ

中途採用で『公務員』理学療法士・作業療法士を目指した方が良い理由

公務員として理学療法士・作業療法士が働くのであれば、中途採用を狙う方法がコスパが良いと考えられます。 給与面や退職金などのほか、業務内容や人間関係なども中途採用ならうまくこなすことが可能だからです。 今回は、中途採用で公務員理学療法士・作業療法士を目指した方が良い理由を解説します。
転職&スキルアップ

転職で給与が下がっても補填してくれる制度とは?【就業促進定着手当】

転職者の35%は転職後に給与が下がったと言われています。そんな時、 転職して給料が下がった場合に、転職前の給料との差額を6ヶ月間国が補填してくれる制度『就業促進定着手当』があります。 今回は就業促進定着手当を解説します。
転職&スキルアップ

『中途採用の給与』実績考慮ってどれくらい考慮されるのか?【中途採用転職者は必見】

中途採用の転職時には、給与が『前職の実績・経験を考慮する』と記載がある場合が多いです。 しかし、実際にどのように給与面で考慮されているか曖昧な方が多いのではないでしょうか? 今回は、そのような中途採用転職時の『実績考慮』のパターンを解説します。
転職&スキルアップ

理学療法士は40代からの転職は無理ゲーな理由

もう少し技術を身に付けてから、、とりあえず3年働いたら転職しよう、、と転職を先延ばしにしている理学療法士・作業療法士は多い。 しかし、先延ばしにして年齢だけ重ねているうちに40歳を迎えると一気に転職の難易度は高くなります。 今回は、理学療法士40歳代からの転職は非常に困難な理由を解説します。
医療従事者【働き方】

理学療法士【医療分野】と【介護分野】の給与格差は逆転していた!?

2016年の日本理学療法士協会が提出した資料によると、 理学療法士の介護分野における平均給与は419万、医療分野は474万であり年間55万円の差があることが示されていました。しかし、2022年現在は医療分野で働く理学療法士・作業療法士よりも介護分野で働く療法士の方が年収が高い現状があります。
医療従事者【働き方】

理学療法士・作業療法士は刑務所でも働ける【多様な働き方①】

刑事施設等(刑務所や少年院)で働く理学療法士・作業療法士を知っていますか? 刑事施設(刑務所など)で働く法務技官は法務省の管轄となり国家公務員となります。近年では受刑者の高齢化を受けて刑事施設の刑務作業の一環としてリハビリテーションを活用した取り組みが行われています。
医療従事者【働き方】

リハビリ専門職はまず公務員を目指した方が良い理由

理学療法士や作業療法士が高年収・好待遇を目的に転職活動を行なったとしても、結局一番良い転職先は公務員になることです。 なぜ公務員として働く理学療法士・作業療法士がおすすめなのかを解説します。
医療従事者【働き方】

医療従事者の『自己研鑽』と『労働時間』具体的な線引きについて解説

自己研鑽という名の強制的な時間外労働は未だに医療機関では多く見られます。 一部では、自己研鑽も業務の内と考える医療従事者は多く、自己研鑽と労働時間の線引きが曖昧です。 この記事では、厚生労働省が示した「労働時間」と「自己研鑽」との明確な線引きについて解説します。
転職&スキルアップ

給与(年収)が下がる転職は『ナシ』な理由を解説【医療従事者版】

転職希望者の悩むパターンである『給与がさがってしまう場合でも転職するべきなのか?』を解説します。 結論から言うと、給与(年収)が下がる転職は基本的にはナシです。 なぜ給与が下がる転職をお勧めしないのか、また、給与が下がる転職をする場合はどのような時なのかを解説します。
スポンサーリンク
error: 不具合が生じました。
タイトルとURLをコピーしました