セラピストとして何歳まで働くの?(30年後までの問題点を予測)

スポンサーリンク
仕事 医療従事者【働き方】

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

皆様は何歳までセラピストとして働けると思いますか?

 

個人的には60歳(定年)まで働いているセラピストは極わずかであると予測しています。

体力的・金銭的になど様々な問題があるためです。

 

そこで約30年後の定年に向けて、セラピストとして働き続けた場合に

直面する問題点を解説します。

 

スポンサーリンク

セラピストとして何歳まで働くのか?

 

まずは結論
・セラピストが定年まで働く上で直面する問題点は体力面・金銭面の2つ
・日本社会では将来60歳代は働いているのが当たり前になる
・セラピスト(本業)だけの働き方以外を考えていく必要がある

 

 

セラピストが定年まで働く上で直面する問題点

 

体力的な問題

 

仕事

➀50~60歳代まで身体が持たない

 

セラピストは若い世代が多く年齢層が20~30歳代に集中しています。

現在、1日18単位~21単位を課している医療機関等は多く、多くの肉体労働と

デスクワークを強いられます。

 

20~40歳代では、何とか1日を乗り切り食事と睡眠を十分に摂ることで翌日も

頑張ることができますが、50~60歳代では同じようにはいきません

 

➁役職などのポストがない

 

これまでは経験年数を積み、年功序列で管理職になり臨床からは離れることができましたが、

管理職の席はセラピストの数に対して圧倒的に少ないのが現状です。

さらに上の世代のセラピストがいつまでも居座り続け、一向に自分達の番が

回ってくることはありません。

 

供給が需要を上回っているのに増え続けるセラピスト達が熾烈なポスト争いになることは

容易に想像できます。

 

金銭的な問題点

 

時間とお金

➀年功序列・終身雇用の崩壊

 

今後、医療・福祉業界にも年功序列・終身雇用の崩壊の波は到達します。

これまでは、経験年数によって年収や待遇がUPしていましたが、

今後はジョブ型雇用という形で同一労働同一賃金になり経験年数や年齢による

収入・待遇の格差は無くなり、成果によって報酬を支払う形態に移行します。

 

特にセラピストは何年目だろうが診療報酬は同一なので移行が安易です。

 

医療従事者における年功序列制は今後どうなるべきなのか?
リハビリテーション業界の年功序列について考察しました。世の中の流れが、終身雇用・年功序列制の撤廃を掲げています。セラピストとして今後、どのように生きて行けばいいのかを解説しました。
➁年収UPが望めない

 

年功序列制が継続したとしても、医療費削減や診療報酬の減算によって

他職種と比較してもセラピスト(特に理学療法士)は年収の上昇率が悪いです。

 

しかし、年収の上昇率は悪いが下降率も低いのではないかと予測します。

つまり、セラピストの収入は上がりにくく下がりにくいという事です。

 

年収

 

➂住宅の購入や教育費などの膨大な出費

 

20~40歳代で結婚・出産・子育てを迎える世代では収入を簡単に支出が上回り、

お金の問題が尽きません。

実際、20~40歳代の負債理由の9割は住宅ローンです。

 

 

一般的な家庭の貯蓄額はいくらか知っていますか?
一般家庭の平均貯金額を厚生労働省のデータを基に解説します。 多くの家庭では貯蓄よりも負債が多い現状があります。

 

➃退職金問題

 

医療・福祉業界の退職金は皆様が考えているよりずっと少ないことは知っていますか?

病院によっては勤続30年勤め上げても500万円未満なんてことも。

老後までに2000万円を貯めるなんて到底届くはずもありません

 

理学療法士の退職金はいくら貰えるか知ってますか?(厳しい現実)
定年まで勤めた場合、自分の退職金がいくら貰えるのか知っていますか? この記事では、退職金はいくら貰えるのか、セラピストは今後どうしていくべきなのかを解説します。

 

日本社会では60歳代の50~70%が働いている

 

総務省の「労働力調査」(2019年平均)によれば、

60~64歳の就業率は
男性では82.3%(2009年は71.4%)、女性は58.6%(2009年は42.9%)
65~69歳の就業率は
男性では58.9%(2009年は46.9%)、女性は38.6%(2009年は26.3%)

 

60歳を過ぎても働く人の増加は、高年齢者雇用安定法の改正(2006年施行)の影響です。

 

高年齢者雇用安定法の改正とは?
・政府は定年の引き上げ
・継続雇用制度の導入
・定年制の廃止
のいずれかを選んで実施することが企業に義務付けられました。

 

しかし背景には、公的年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられたこと少子高齢化による労働力の不足があります。

 

定年までセラピストとして働くための働き方

 

➀セラピスト一本(本業)以外の収入源を確保する

 

例えば月5万円の副収入があれば、家賃・光熱費・通信費が支払い、グッと生活が楽になります。

また、不景気によるボーナスカットや急な解雇で路頭に迷う心配も少なくなります。

 

医療従事者の最強の働き方(正社員・常勤×副業)のメリット・デメリット
副業を行なうのが当たり前の時代になりました。そこで正社員(常勤)と非正社員(常勤)どちらの雇用形態で副業をした方が良いのかを解説します。

 

➁セラピスト業務のコストカット・効率化を図る

 

端的に言うと、収入UPに繋がらない無駄な行為を省きます。

サービス残業・過度な自己研鑽は大切な貴方の時間を消費しているのに

何も生み出さない生産性の乏しい時間です。

 

本業の時間はきっちりと業務時間内で終わらせ、副業や資産形成などの今後を

考える時間に当てましょう。

 

医療従事者は知らない!人生を豊かにする【時間単価の考え方】
医療従事者は時間単価の考え方が不足しています。自分の価値を見つめなおし人生を豊かにしていく方法を解説しています。 これであなたも世界の見方が変わるかもしれません。

➂転職する

 

体力・金銭面の問題点でも挙げた通り、セラピストとして稼げる時間はそう長くありません

現在勤める病院よりも条件のよい医療機関はいくらでもあります。

まずは転職エージェントに相談し現在の転職事情の情報収集をしましょう。

 

PTOTキャリアナビに相談

 

マイナビコメディカルに相談

 

理学療法士の収入をUPさせる時に選ぶ訪問リハビリ事業所の6つの条件
理学療法士が高収入を目指すのであれば訪問看護ステーションが一番です。 その理由を解説します。

 

➃資産形成・運用を始める

 

どんな形であれ同時に投資を始めましょう

自分で働いて稼ぐ労働収入+不労所得は老後の資産形成に必須です。

 

当ブログでも資産形成についても発信しているのでぜひ確認してください。

 

セラピストが資産運用を始めなければいけない理由(資産運用編 第4弾)
なぜ医療従事者(セラピスト)は資産運用を始める必要があるのかを解説。 これを読んで自分の立ち位置を確認し資産運用の第一歩を踏み出さそう!

 

まとめ

 

2020年以降は本業+副業+資産運用が当たり前の時代がきます。

セラピストとして不安なく定年まで働き続けたいのなら、この形を取るほかありません。

 

それ以外であれば、セラピストを辞め別業界へ転職するという手もあります。

方法は様々です。皆様の将来の参考になれば幸いです(‘ω’)ノ

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました