新卒で訪問リハビリに就職することはアリなのか?

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

こんにちわ(‘ω’)ノゆとりPTです。

 

Twitterで話題の『新卒で訪問セラピストになるのはどうなのか?』という議論です。

 

今回は、Twitterで挙がっていた問題➀~➃を現役の訪問リハビリ経験者としての目線で答えていこうと思います。

 

新卒または訪問分野未経験で訪問セラピストを目指している方は要チェックです。

 

 

スポンサーリンク

新卒で訪問リハビリに就職することはアリなのか?

 

 

 

ここでの訪問リハビリの定義

 

新卒で訪問分野へ就職する場合を想定していますが、細かく説明すると訪問リハビリは2つのパターンに分かれます。

 

➀病院やクリニックなどの医療機関からの訪問リハビリ
➁訪問看護ステーションからの訪問リハビリ

 

今回の議題に挙がっているのは後者➁(訪問看護ステーション)です。

 

 

なぜなら、医療機関に就職した場合、1年目から訪問分野に従事することはほぼありません

まずは入院や外来を担当し、評価や治療プログラム、医療スタッフとしての役割を学びます。

 

多くの医療機関では、2〜3年目以降と経験年数枠を設定している場合が多いです。

 

 

しかし、➁訪問看護ステーションからの訪問リハビリだけは就職してから、すぐに訪問リハビリスタッフとして活躍しなければなりません

 

今回の質問は、全て新卒で訪問看護ステーションに勤めるのはどうなのか?をベースに回答しています。

 

問題➀新卒の訪問セラピストの教育はどのようにしているのか?

 

 

 

 

 

まず、就職先の訪問看護ステーションの規模により新人の教育プログラムの質や有無が変わります

 

看護師が人員基準の3名のみ、あとセラピスト数名などの小規模な訪問看護ステーションでは新人の教育制度は破綻しています。

 

もし、新卒で訪問セラピストを目指す場合は大規模な訪問看護ステーションを選びましょう。

 

 

大規模であれば、概ね教育制度は確立されています。

 

・教育プログラム(座学・ケース紹介・緊急時の対応・保険制度についてetc.)
・副担当として指導者と一緒に訪問する
・事例検討会(事業所内での発表)

 

しかし、病院勤務の新卒セラピストと比較すると勉強時間が圧倒的に足りません

また、相談相手も一緒に行動している指導者ばかりになり、評価に客観性を欠きます

 

病院の場合、リハビリ室やスタッフルームに療法士がいるためその場で相談したり助けてもらうことができます。

 

しかし、訪問セラピストの場合は訪問先に一人のため自力である程度解決もしくは相談し物事を進めなくてはいけません。

 

本来であれば、訪問セラピストの方が病院のセラピストよりも教育を重点的にしなければいけないはずですが、それが叶わない環境であると言えます。

 

 

 

問題➁歩合制の職場では、新卒セラピストに悪影響があるか?

 

 

 

これは大いに悪影響であると言えます。

 

訪問セラピストの給与はその他の医療機関を含めてもトップクラスです。それは歩合制が給与の多くを占めているからです。

 

 

訪問リハビリのセラピストが高収入な理由(仕組みを解説)
なぜ訪問リハビリ分野は、その他の医療機関等と比較して給与が高いのでしょうか? 訪問リハビリのセラピストが高収入な理由(仕組み)を解説します。

 

 

 

しかし、新卒の場合は問題➀で述べたようにまずは稼ぐよりも教育が重要であると言えます。

 

訪問看護ステーションの歩合制の多くは、件数制です。月70~100件以上回ればインセンティブが発生するといった仕組みです。

 

つまり、新卒者の教育の時間を取っていると件数がこなせず、最低補償ラインの基本給止まりになる可能性があります。

 

問題➁の結論として、

 

新卒者は訪問看護ステーションを選ぶ際は歩合制(出来高制)ではない、年収が高い事業所を選ぶべきです。

 

 

問題➂新卒で訪問リハビリに勤めることができる最低条件は?

 

 

パターンが2つが考えられます。

 

➀真面目に訪問リハビリを勉強したいと思っているセラピストの場合

 

最低条件は

・報告・連絡・相談を欠かさない
・病院勤務のセラピスト以上に勉強時間を確保すること

 

しかし本音を言うと、真面目に訪問リハビリをやりたいのであれば尚更、病院経験は必ず積んだ方がいいと考えます。

 

なによりも、病態の受傷時や増悪時~回復段階の経過を見たことがないのにその先にある在宅での生活を支援することは困難であると考えるからです。

 

 

➁稼げればそれでいいと思っているセラピストの場合

 

この場合、ほとんど勉強時間を必要としません。適当に揉んで歩かせている訪問セラピストもたくさんいるためです。

 

件数だけをこなしリハビリ知識のアップデートなどは一切行ないません。

 

もし新卒者でパターン➁でいいと決めた人がいた場合のみ新卒で訪問リハビリに就職してもやっていけるでしょう。

 

しかし、何も学ばないセラピストは制度改定による減算の影響をもろに受けやすく、医療機関に転職したいと考えても知識も技術もなくそこで詰むと思われます。

 

 

問題➃新卒におすすめする職場やキャリアプランは?

 

 

 

問題➂でも言いましたが、新卒者が訪問リハビリに就職することはお勧めしません。

 

少なくとも1度は医療機関(病院)経験があった方が、結果的に訪問分野に活かすことができます。

 

 

 

新卒で訪問セラピストを目指す最良のキャリアプランとは、

 

➀新卒で急性期~回復期~地域包括病棟~訪問まで兼ね備えた医療法人に就職する

 

・訪問看護では経験できない受傷直後や術後早期からのリハビリを学べる
・回復過程を知り在宅復帰に必要な知識も修得可能
・医療機関からの訪問リハビリになるが、違うのは保険制度だけ
・セラピストとして行なうことは同じなため訪問リハビリも経験出来る

 

急性期から在宅リハビリまでを網羅している医療機関は新人教育もマニュアル化されており、部署の異動も可能です。

 

➁医療機関での経験を活かし高収入な訪問看護ステーションに転職する

 

➀の医療機関での経験を活かし、歩合制の訪問看護ステーションを選びましょう。一通りのリハビリ知識はあるため、後は制度の違いを覚えるだけです。

 

 

令和3年介護報酬改定以降の訪問看護の将来性と生き残り方
2021年以降、訪問看護で勤めるセラピストや、転職を検討しているセラピストはどのようにすればいいのでしょうか? 今回は、令和3年介護報酬改定以降の訪問看護の将来性と生き残り方を解説します。

 

 

まとめ

 

新卒で訪問分野への就職は困難を極めます。あまりおすすめできません。

 

しかし、今後は在宅分野がメジャーとなり教育制度が充実してくることは間違いありません

 

その時のために今から継続的に知識をアップデートする癖をつけましょう。

 

 

訪問リハビリに関しておすすめの本

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました