医療従事者【働き方】

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

2022年最新版『新型コロナウイルスで働けない医療従事者を守る休業支援金・給付金』

新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大により、多くの方が陽性反応が判明し、家族や職場の方が濃厚接触者になっています。 陽性者や濃厚接触者は数日間の隔離または自宅療養です。その間は給与はどうなるのでしょうか? 今回は、2022年最新版『新型コロナウイルスで働けない医療従事者を守る休業支援金・給付金』
医療従事者【働き方】

専門・認定・登録理学療法士以外は日本理学療法士協会に不利に扱われるのか?

日本理学療法士協会では2022年4月から新生涯教育制度が始まります。教育カリキュラムが一新され、新たに登録理学療法士制度が誕生しました。 この資格は取得した方が良いのでしょうか?未取得では何らかのマイナス評価を受けるのでしょうか? 今回は専門・認定・登録理学療法士を取得しなければ、協会側からマイナス評価を与えられるのか?を解説します。
医療従事者【働き方】

これって違法?①トイレ清掃を義務付けられたら?②名札着用を強制されたら?

医療・介護の職場で遭遇するトラブルを例に、過去の判例や労働法の観点から違法か合法かを解説します。 ケース①トイレ清掃を義務付けられたら? ケース②名札着用を強制されたら?
医療従事者【働き方】

療法士の平均昇給額は悲惨な現実!!【昇給額<投資リターン】

医療従事者の平均昇給額を知っていますか? 数千円の昇給では、長期間勤めても月収は数万円も増えません。昇給を待つよりも効率のいい方法を考えましょう。 今回は、療法士を含む医療従事者の平均昇給額と我々がやっていくべき将来に向けての対応策を解説します。
医療従事者【働き方】

リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?【PT×OT×ST】

ダブルライセンス取得は自分の可能性を広げる方法の1つですが、組み合わせは重要です。 特に、同じ傾向の強すぎる職種の国家資格(例えばPTとSTなど)を取得しても将来的なキャリアプランなどは大きく変わらない可能性があります。 リハビリ職種のダブルライセンス取得に意味はあるのか?を解説
医療従事者【働き方】

超堅実的!理学療法士でも可能なFIRE達成パターン

SNSでは多くの方がFIRE達成報告を上げています。一般的な理学療法士でもFIRE達成できるパターンはあるのでしょうか? 今回は、平凡な理学療法士でもFIRE達成可能なパターンを解説します。
医療従事者【働き方】

介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略

これからの働き方では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は病院で働くよりも介護施設等で働く方が年収が高くなります。 経済政策による賃上げや処遇改善が活発に行われているためです。 今回は、介護分野で働くリハビリ職の最新年収UP戦略を解説します。
医療従事者【働き方】

介護職の年収は低くない!賃金格差のカラクリを解説

看護師、保育士、介護士の賃金を月額で約9000円引き上げる政策が決定しました。 これで更に理学療法士などのリハビリテーション職種よりも、医療分野の職種では看護師・介護職の給与が高くなりました。 しかし、介護職は本当に療法士よりも収入が低いのでしょうか? 今回は、介護職が低年収であるカラクリを解説します。
医療従事者【働き方】

究極のキャリアアップ!理学療法士は事務長・副院長を目指せるのか?

スペシャリストとして技術専門職を極めることもいいですが、管理職として医療従事者➡事務長・副院長を目指すキャリアもあります。 全ての専門職・部署・経営を担う仕事です。 今回は、理学療法士が事務長・副院長を目指せるのか?について解説します。
医療従事者【働き方】

今からリハビリ職を目指すなら作業療法士か言語聴覚士になろう

今からリハビリ職種を目指したい高校生や手に職を付けて転職を考えている社会人には作業療法士(OT)か言語聴覚士(ST)がおすすめです。 今回は、今からリハビリ職を目指すなら作業療法士か言語聴覚士をおすすめする理由を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました