医療従事者【働き方】

スポンサーリンク
医療従事者【働き方】

定年が近い両親に教えよう!【定年と再雇用時の年金について】

自分が30~40歳代になった時、両親は60~70歳代になり定年を迎えるころです。 現在は60歳以降も継続して働くことが当たり前となっており、定年後の働き方や年金受給の方法などを知らないと損をする場合があります。 今回は、定年と再雇用時の年金について解説します。
医療従事者【働き方】

年収1000万円サラリーマンは本当に低収入で損なのか?

年収1000万円と聞くとお金持ちであるという印象を受けます。しかし、実際にはどうなのでしょうか? 今回は、年収1000万円サラリーマンが損をしていることを解説していきます。
医療従事者【働き方】

理学療法士・作業療法士の役職手当っていくら貰えるの?

理学療法士・作業療法士が収入を上げるために昇進することで役職手当が付き年収をUPさせることができます。 では、実際の管理職や役職者のセラピストはいくら役職手当が支給されているのでしょうか? 今回は、理学療法士・作業療法士の役職手当っていくら貰えるか?を解説します。
医療従事者【働き方】

2022年10月から開始されたリハビリ職の給与が上がる加算を解説

介護分野では、『介護職員等ベースアップ等支援加算』医療機関では『看護職員処遇改善評価料』が処遇改善を目的に導入されました。これらは介護職・看護師だけでなく理学療法士・作業療法士を始めとするコメディカルにも分配され給与に反映される加算です。 リハビリ職にも分配されるのでしょうか?
医療従事者【働き方】

海外でも働ける!中国富裕層向け自費リハビリ【多様な働き方シリーズ③】

近年では、中国の富裕層向けに行なう自費リハビリのニーズが高くなっています。 日本の理学療法士を募集にしており、比較的簡単に高収入・好待遇で海外で働けるチャンスを掴むことができます。 今回は、多様な働き方シリーズ第3弾の海外でも働ける!中国富裕層向け自費リハビリを解説します。
医療従事者【働き方】

コロナ対応している医療従事者は危険手当が必ずもらえる制度があるって知ってる?

新型コロナウイルス感染症に罹患した患者の対応を行なっているのに危険手当がつかない医療従事者は多いです。 そこで、都道府県から新型コロナウイルス感染症対応医療従事者特殊勤務手当補助制度が開始されています。これはコロナ対応をする医療従事者に対して特殊勤務手当(危険手当)の経費を補助する制度です。
医療従事者【働き方】

妊娠中の医療従事者を守る【コロナの労務管理・安全衛生の確保】を解説

医療従事者は新型コロナウイルスの感染リスクが高い中で仕事を続けています。しかし、妊娠中の労働者は母子ともに危険に曝されています。 今回は、そのような妊娠中の医療従事者を守る労務管理・労働安全衛生の確保について解説します。
医療従事者【働き方】

新型コロナウイルス関連で休む時の欠勤の取り扱い【コロナ関連の給与のお話】

自分が新型コロナウイルス感染症に感染したり、家族や友人が発症し自分が濃厚接触者となってしまうケースが多発しています。 勤務先からは休むように言われますが、欠勤扱いのか・有給消化なのか・休業手当があるのかどのパターンなのでしょうか? 今回は、新型コロナウイルス感染症に罹患もしくは濃厚接触者の休みの取り扱いや給与・賞与への影響について解説します。
医療従事者【働き方】

月収64万円も可能!コロナバイトブームが理学療法士にも到来!!

コロナ関連の高額バイトに理学療法士・作業療法士の求人が出始めました。 高齢者施設等から感染した入所者を受け入れや病院から症状が改善した高齢者等を受け入れ、介護ケアとリハビリテーションを行ないます。 週5日勤務で月収64万円以上が可能です。
医療従事者【働き方】

令和6年度同時改定に向けての理学療法士の働き方②

次回の令和6年度の診療報酬・介護報酬の同時改定で改悪される可能性の高い項目を考えながら、リハビリ職がこれから安心して働ける勤務先とはどのようなところなのか解説します。
スポンサーリンク
error: 不具合が生じました。
タイトルとURLをコピーしました